足の冷え性対策~温めcafe

冷えている女性のための健康情報をお届け!

まだ間に合う!夏の冷え性対策4

私たちの体温は、日々の食べ物によって保たれています。

 

夏は、気づかぬうちに体を冷やす食材を取る機会が多いので、

 

意識的に温かいものを取り入れて内臓への負担を軽減することが大切です。

 

今からでも間に合う冷え性の夏対策をまとめてみました!

 

 

◇夏対策1◇

古くからなじみのある和食にシフトするのも対策です!

 

パンやパスタといった食生活が一般化したのは戦後から。

 

お米と比べると歴史は浅く、日本人の体には、小麦をうまく消化する機能がまだ備わっていません。

 

そのうえ、お米ほど噛まずに食べられるのも少なく胃腸の消化吸収力も弱る一方。

 

やはり、お米を中心とした和食はおすすめです。

 

整腸作用の高い発酵食品と一緒に取り入れると、身体を温める効果が期待できます。

 

 

◇夏対策2◇

さらにおすすめ!毎日のリラックスタイムで、心の冷えを緩和

 

冷えの要因は外的要因ばかりではありません。

 

緊張やストレスによって交感神経が優位になると自律神経が乱れ、

血管が収縮し、冷えの原因に。

 

冷えから体調が崩れると、さらにストレスを呼び、負のスパイラルになりかねません。

 

そうなる前に、意識的にリラックス状態を作り、副交感神経を優位することが大切です。

 

リラックス、くつろぎ方を見つけましょう。

 

好きな音楽を聞いたり、料理やハンドメイドなどに没頭したり・・

 

部屋の照明を変えるだけでも子持ちのリラックスへとつながります。

 

f:id:yuripe:20170308000018j:plain

 

◇夏対策3◇

 

生姜を取り入れる!

 

風邪の引きはじめに生姜湯を飲むなど、生姜は古くから私たちの暮らしに根づき、

重宝されてきたもの。

 

生姜に含まれる辛味成分「ジンゲロール」には、殺菌作用があり殺菌作用があります。

 

 

また生姜は加熱すると、辛み成分が「ショウガオール」に変化し、

 

胃腸の働きを活発にして、身体の内側から温める特徴があります。

 

冷え防止には、加熱して取り入れましょう。

 

温めスパイスは生姜の他にも、コショウ・さんしょう・はっかくなどがあります。

 

漢方薬の原料として使われているものも多く、冷え予防や、消化吸収促進、エイジングケアなど、健康維持や美容面で優秀です!

 

美味しく取り入れられることも魅力ですね(^_-)-☆

 

 

◇夏対策4◇

 

脂肪は体を冷やすもと!筋トレで血流をアップ!

 

筋力が増えることによって体全体の基礎代謝がアップ。

 

同時に血管が拡張され、より多くの血流が生まれ、冷えにくい身体へと導きます。

 

反対に、冷えの天敵は脂肪。

 

 

脂肪に血管がほとんどなく、体内に脂肪が多いと血管が行き渡らず、

冷えが悪化する一方。

 

 

痩せて見える人でも、

内臓脂肪がたっぷりついた隠れ肥満の可能性があるので注意が必要です。

 

 

「常に筋肉を動かす事」を意識しながら、家事などの日常動作を意識していきましょう。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

冷えによる体調を改善するのは「温める事」が何よりの近道なのです!

 

 

 

 

足の冷え症なのに足裏に汗をかく?対策

冷え症なのに足汗をかくって何事?

 

冷房が効いている室内に 長時間滞在することが多い現代人は、

体温調節機能がうまく働かないことがあります 。

 

特に足の裏は汗腺が多いので、汗をびっしょりかきます。

 

汗かくと気持ち悪いし臭いも気になるし・・・

 

汗かいた後はすごく冷えるのも嫌ですよね。

 

 

足裏汗・心配ないの?

 

足の裏や手のひらには、もともと汗を出す“汗腺”が密集しているので、

普通に汗をかく分には問題ありません。

 

足は靴下や靴を履いている時間が長いので、どうしても熱がこもりやすく、

体温も上がりやすくなっています。

 

“足の裏は他の身体の部位より汗腺が多い”のです!

 

つまり、

 

他の部位より汗をかきやすいということがいえます。

 

靴下を履いて、さらに靴も履いて、 一日を生活している方も多いでしょう。

 

そんな足は通気性が悪く、 汗の水分で蒸れてしまいます。

 

汗は身体の熱をうばいますから、足はよけいに冷えてしまいます。

 

 

また、汗で冷えて冷え性になるし 冷え性だから汗をかくし・・

 

と、悪循環にもなってしまいます。

 

 

ストレスが原因?

 

足の裏などの汗腺が密集しているところは、精神的なことが原因で汗をかきやすい場所となっています。

 

多汗症でなくても、緊張したり、びっくりした時などに、 汗がじわっと出たことがある人もいるのではないでしょうか。

 

f:id:yuripe:20170303084806j:plain

 

では、対策法を見ていきましょう。

 

 

 足汗対策法

 

足元の環境を整えておくことが重要です!

 

水分をとりすぎない最近は、靴の中敷きも種類豊富にありますよね。

 

中敷きというとクッション性が重要ですが、それ以外でも、抗菌、吸水性、通気性などのついた、高性能なものを選びましょう。

 

身体の一部を冷やす

 

太い血管の通っている部位を冷たいペットボトルやおしぼり、

保冷剤などで冷やすと全身の汗が引いてくるので、

 

その結果として足裏の汗も止まります。

 

太い血管が通っている部位は

例えば、首の後ろ、腋の下、太ももの付け根、膝の裏などです。

 

 

出先などではサラサラ感が得られるスプレーなどを使うと、

 

汗で蒸れた足をサラッとさせることができるでしょう。

 

 

ふくらはぎが冷たく痛い足の冷え性対策

ふくらはぎだけが冷たいとか、手や足先が冷たく、痛い・・・

 

冷えの悩みの症状はそれぞれですね。

 

でも、「温めて治すこと」が基本!

 

身体の中で、一番冷えやすいのは、意外ですが、「ふくらはぎ」なのです。

 

ふらはぎを温めることで血行が促進されるのです!

 

足先の冷えの最も多い原因は、

 

血流の悪化により、 血液の循環が足先まで十分に届かないことにあります。

 

 

体温調節の役割も担う血液は、

 

心臓を中心に体全身を循環していますが、

 

重力の関係で7割近くの血液は下半身に集中すると考えられています。

 

ももの筋肉が上半身へ向けて血液を送り出す働きを担ってるのです。

 

 

ふくらはぎの筋肉の役割

 

ふくらはぎの筋肉は、

 

足先へ血液をしっかり届ける役割と、

 

足先へ向かった血液を太ももへ 届けるいわばポンプの役割を果たしています。

 

ふくらはぎを温めることで、足先の冷えをカバーするだけではなく 、

全身の冷えを緩和できるのです

 

 

でですから、足の冷えを解消するには、

 

ふくらはぎを温めることが有効なのです!!

 

ふくらはぎには、足のツボが集中しています。

 

ツボを温めることでリンパの流れを促しむくみを解消していきます。

 

 

では、

 

お風呂の時間に、ふくらはぎを温める方法とポイントです!

 

 

湯船の中に浸かりながら、ふくらはぎを優しくマッサージしていきます。

 

しっかっりいたわってあげて下さいね♡

 

 

☆ポイント

 

足首から太ももの方向へさすりあげるようにマッサージをしていきましょう。

 

揉みほぐしをしながらふくらはぎを温めていくことで、足先への血流を促し、冷えを緩和していきます!

 

痛みを伴う場所をゆっくりと呼吸に合わせながらマッサージすると効果的です。

 

f:id:yuripe:20170227235701j:plain

 

☆まとめ

 

体に不調がある人は、ふくらはぎが冷えていることだそう。

 

夏のパジャマも、しっかりとふくらはぎが隠れるものがよいですね。

 

 

しっかり温めておやすみなさい(^^♪

 

 

 

 

 

ストレス冷え?温めても治らない頑固な冷え

 

冷えを感じると、身体は放熱を防ぐために交感神経を優位にして、 手足などの抹消の血管を収縮させます。

 

身体のなかでもとくに手足が冷たくなりやすいのはこのためです。

 

交感神経が優位になると、身体はリラックスできず、

緊張した状態が続いてしまいます。

 

熱を運んでくるはずの血液のめぐりが悪くなり、手足が冷えてしまうのです。

 

 

温活していても冷えちゃう?

 

その冷えはストレスのせいかも!!

 

 

ストレスがたまっている自覚がなくても、身体は悲鳴を上げていることがあります。

 

仕事や家庭の問題で悩んでいませんか?

 

寝付きが悪い、

集中力が低下している、

 

と感じることはありませんでしょうか?

 

ストレスの原因には、仕事や家庭をはじめ、人間関係の問題など、さまざまなものが考えられますね。

 

 

私もストレスいっぱありますよー(笑)

 

でも溜め込まないようにしておりますw

 

 

医学的な検査数値での問題がない時の不調がある場合

「ストレス」や「自律神経の乱れ」が原因と言われることが多いのです。

 

 

ストレスを減らすようにしたいところですが~

 

本人の意識だけで減らすことの出来ないストレスが多いのも現状・・・

 

 

ストレス対処法

 

あなたの好きなことは何ですか?(^_-)-☆

 

趣味に没頭する時間を作ったり、

仕事や勉強のことを考えないようにする「休日」を心がけるなどすると良いですね♡

 

f:id:yuripe:20170318021607j:plain

 

日常生活においては

 

・半身浴をする

・筋肉のコリをほぐすストレッチをする

・寝る直前までTVやスマホを見ない

・早寝をする

 

 

お家に帰ってきてから寝る間での間に

副交感神経を活性化する習慣を取り入れてみてください♡

 

 

意識的にリラックスタイムを!!

 

リラックス効果のある好きな香りのアロマを焚いてみたり、

ホットのハーブティーを飲むようにする☕

 

自分の体を労るマッサージをするなど、意識的にリラックスタイムを作るのも良いですね!

 

 

 

さあ週末です!!

 

一週間頑張った自分♡ほめてあげましょうよ♡

 

 

ストレスのない日々で、あなたの冷え性が解消されますように・・・

 

 

 

冷え性対策・手足のしびれの原因と治し方

冷え症からくる「手足のしびれ」

 

夏でも手足(両手・両足)が冷えてはいませんか?

 

・手に力が入らない

・足は冷えるのに顔はほてる

・全身にしびれが出て場所が移動していく しびれ

 

このような症状はありませんか?

 

しびれは様々な原因で血管内の血流が滞り、 中枢神経・末梢神経に障害が起きたもので、力が入らないなどの異常な感覚の状態です。

 

手足のしびれは、

血行が悪くなったり、神経が過敏になっていることが原因と考えられており、

 

また、

ストレスが加わることで、しびれの症状が重くなったり、頻発したりすることもあります。

 

さらに、ホルモンバランスの乱れ 更年期やストレス、ダイエットなどで、ホルモンバランスの乱れが起きると、

 

血液の流れを調節する自律神経も影響を受けるため、血行が悪くなりやすく、

それによって手足のしびれをまねきます。

 

また、

 

年齢を重ねると皮膚が薄くなり神経がより過敏になってくることから、しびれを感じやすくなります!

 

● ストレスが加わることで症状が重くなります。

 

手足のしびれは、血行が悪くなったり、神経が過敏になっていることが原因と考えられています。

 

● 末梢神経の圧迫やキズ 肩こりや腰痛などによって

末梢神経が圧迫されたりキズついている場合にも、手足のしびれが起こります。

 

 

末梢神経というのは、脊髄から手足の先まで延びている細い神経で、

痛みや感覚などの情報を脳に伝える組織のため、

 

末梢神経が圧迫されたりキズついたりすると、手足にしびれを感じることがあるのです。

 

更年期前後の女性には「手根管症候群」もよくみられます。

 

f:id:yuripe:20170307075159j:plain

 

では、しびれの対策法を見ていきましょう!

 

 

しびれの対処法

 

● 血流を改善する生活習慣

ぬるめのお湯でゆっくり入浴したり、ウォーキングなどの運動を続けると効果的です。

 

また、しびれている所をマッサージすると症状が和らぎます。

 

 

● 良い姿勢

末梢神経を圧迫したり、キズつけたりしないように、日頃から良い姿勢を心がけ、

 

長時間同じ姿勢をとらないように日ごろから気をつけていきましょう。

 

「ちょっと動きがないな」と感じたら、

足首の阿賀下げや上下運動、足首回しや、ストレッチを!

 

 

● 食事を気をつける

レバーやカキなどに多く含まれるビタミンB12は、末梢神経の傷を修復します。

 

また、ビタミンCやEは血管を丈夫に保つ働きがあります。

 

 

冷え症だけでも大変なのに、しびれも伴うとつらいですね。

 

そうならないためにも日々、気をつけていきましょう☆

 

f:id:yuripe:20170226163807j:plain

 

 

足の冷え症対策グッズを使用してみた結果・・・

こんにちは(^^)/

 

今日も元気ですか?☕

 

なるべく「自然のチカラ」で健康に暮らしたいのですが、

 

時には、悩みを助けるグッズも必要ですよね。

 

 

私も40歳を過ぎてからは、サプリメントは必要だなーと感じています。

 

残念ながら、若い時と同じようには過ごせないもんですねー

 

 

下半身の冷え性に悩む祖母は

 

足の冷え症対策にお手軽な「首につけるサポーター」を試してみました。

 

サポーターをつけると不思議に足が温かくなり、昨夜はぐっすり眠れたそうです。

 

 

夕暮れから足先の冷えがひどく悩んでいた母も、

 

この温快には救われるような気がしたと言ってました。

 

何より電気や火を使わないので安心です。

 

首は大切なパーツ!

 

筋肉が少なく細い女性の首は、男性よりもずっと冷えやすいもの。

 

足首の冷えは冬だけではありませんね。

 

 

素足にサンダルで過ごすことも多い夏も、足首は冷えの問題にさらされています。

 

しっかり温めましょう!

 

f:id:yuripe:20170314232838j:plain

 

しかし!!

 

グッズを活用した「冷え性対策」は即効性がありますが、

その場しのぎの対処法です。

 

冷え体質そのものを改善するためには、食事や運動、そして何より

 

「体を冷やさない」

 

「体を温める」こと!

 

足の冷えに良い習慣!意識して日常を送りましょうね!

 

 

足の冷えに良い習慣て?

 

 

・栄養バランスの摂れた食事

 

・適度な運動

 

・半身浴

 

 

もう何度も書きましたね(-_-;)

 

うるさいおばちゃんでごめんなさいねw

 

 だって~

 

冷え症対策グッズで、何とか乗り切るよりも、根本的に治した方が、未来は明るいですよ!

 

 

諦めないで♡

 

冷えは地道なケアをすることで改善されます。

 

体質のせいだ・もう治らないのでは?とあきらめず、しっかり向き合い対策することが大切です。

 

 

未来の健康な自分の為に!!頑張って(^_-)-☆

 

 

エイエイオー☆ミ

 

 

 

 

 

 

 

 

悩みも消えちゃう?足の冷え症解消への近道は?

前回は足の冷え症対策は長期戦と言いました。

 

冷え性の体質を改善するのは時間がかかることなのです。

 

しかし、運動を積極的に行い、筋肉量を増やすことで、

冷え性解消への近道となります!

 

冷え性とは、

 

人間が本来持っている「体温調節機能」が十分に働かないために起こる症状です。

 

特に重要なのが、血液の循環です。

 

末端まで体内で温められた血液が行き届かないと足先手先に冷えを感じ体を壊してしまします。

 

 

生活習慣を見直し、

生活の根本的な部分を改善することによって冷え性を防ぐことができますので

 

運動などを取り入れた、「筋肉量を増やす動き」を意識していきましょう。

 

健康になると、美しくなり、元気になります!

 

・白髪が減る

・疲れにくい

・心がしっとりと穏やかになる

・何を食べたらよいかが分かるようになる

・こまめに動くようになる

・口臭や体質、足の臭いが消える

・仕事ができるようになる

・モテるようになる

 

f:id:yuripe:20170321174208j:plain

 

「冷え」が生活や内臓や心を狂わせているので、

冷えが取れると、元気になれるのです。

 

生活をしている中で、間違えはたくさんあると思うので、

 

生活を見直し、身体にいいことを続けて、どんどん毒を出していきましょう。

 

 

例えば、

 

・駅まで歩く

・オフィスではエレベーターをなるべく使わない・・・

 

生活で、筋肉をつける動作を増やしていきましょうね。

 

 

 

悩みも消えて、足の冷えも解消され、健康になる・・・

 

 

 

足の冷え解消への近道は、

 

日常生活を正すのが、ポイントですよ(^_-)-☆

 

心の持ち方も大切ですね!

 

 

「冷え」が取れて、健康になったあなたは、今よりきっと素敵になっています♡